世界中で起こっているミステリー事件を独自の視点で究明するブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

事件編Vol.1 ケネディ暗殺の真犯人がはっきり映っている映像!

UFO超常現象対談 飛鳥昭雄×矢追純一 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)UFO超常現象対談 飛鳥昭雄×矢追純一 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)
(2011/04/20)
飛鳥昭雄、矢追純一 他

商品詳細を見る
UFO研究において、日本の2大巨匠とも言える対談本が発売されました。
思えば私も子供の頃は、「木曜スペシャル 矢追純一UFO特集」を食い入るように観ていた記憶があります。

この番組の影響で、「グレイ」=「宇宙人」が日本では定着してしまい、一部古い研究家の間でも、未だにグレイ=宇宙人がまかり通っていることもあり、現在でもグレイが宇宙人だと思っている日本人は非常に多いのではないでしょうか!?

しかし、その常識化した説を、完全払拭した人物こそ、飛鳥昭雄氏なのです。飛鳥説では、「グレイ」=「河童」であり、地球産の両生類(呼び名は世界中でさまざま)であることを解明しています。確かに、グレイが地球外から来ている宇宙人なら、ウイルス耐性呼吸器を付けていなければおかしいですし、何より水掻きの付いた4本指で、親指に相当する指も無い手で、モノを掴むことはできません。そんな手で精密機器ともいえるUFOなど造れるはずがないのです…。

-----------
もちろん矢追氏のUFO特集は、日本人が世界中のUFO事件を知ることができる稀な情報源であり、その情報に間違いが混じっていたとしても、貴重な資料としての価値は高いと言えるでしょう。

さて、矢追氏と言えば、UFOや宇宙人はもちろんのことなのですが、私の中では特に、ケネディ暗殺の真犯人を暴露した人物として心に残っています。その功績は非常に大きいと思います。ただなぜ当時、矢追氏がケネディ暗殺の真犯人を公開できたのか…!?今回はその謎を究明してみたいと思います。

-----------
ここに、ケネディ大統領を撃った真犯人が、はっきりと映っているフィルムがあります。


【ケネディ暗殺の真犯人がはっきりと映っている映像】

1963年11月22日(金)12:30、テキサス州ダラスで、第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディ (JFK)が暗殺されました。誰もが一度は見たことがあるであろう、このフィルムには、はっきりと誰もが納得できる形で、真犯人が映っています!

その真犯人とは、運転手だったのです!!

これは近年になって、運転手の動きに注目した映像が複数公開され始め、誰もが知ることとなりました。運転手が右手でハンドル操縦しながら、左手にピストルを持ち、右肩ごしに振り返って、ケネディの額を撃ち抜いているのが分かります。

この映像だけを持ってしても、オズワルド単独犯説(魔法の弾丸問題)や、CIA陰謀論、対キューバ…などの議論は、もはや必要無いのです。運転手が犯人の一人だったということで、『国家』が暗殺したことは明白なのです!!

2039年には、ケネディ暗殺に関するすべての資料が公開される予定ですので、あと28年後には、すべての真相(?)が明らかにされるのでしょうか!?そこまで平和な世界が続いていれば良いのですが…。

-------------------
さらに実は映像には、ケネディを撃ったもう一人の真犯人までも映っています。

実はケネディは、運転手に額(ひたい)を撃たれる前に、喉(のど)を撃たれているのです。映像を見ると、運転手に額を撃たれる直前、喉を撃たれ、痛そうに喉を両手で抑えて下を向いているのが分かります。その最初に喉を撃った犯人までもが、映像には映っていたのです!!


【もう一人の真犯人が映っている映像】

この映像は、実は初めの映像と同じものなのですが、長時間バージョンです。

右上の数字がちょうど【411】か【412】で映像を止めてみれば、右下の茂みの中に、登山帽をかぶってライフルを持った射撃犯が映っているのが分かります。

-------------------
ではなぜ、矢追氏がケネディ暗殺の真犯人を公開できたのでしょうか!?実はそこには、映画「JFK」が絡んだ謎があったのです。

JFK 特別編集版 [DVD]JFK 特別編集版 [DVD]
(2000/08/25)
ケヴィン・コスナー

商品詳細を見る

1992年、オリバー・ストーン監督、ケビン・コスナー主演の映画【JFK】が公開されました。
オリバー・ストーン監督は、脚本も担当しており、もちろんのことながら、映画の中で、ケネディ暗殺のシーンを再現しています。

再現するためには、当時のフィルムを見て、車に乗っていた人物一人一人の動きも詳細にチェックし、役者に支持したはずです。その時、運転手の動きが、明らかにおかしいことに気付いたはずなのです。

本来ならば、運転手が犯人の一人であったことを、映画上で暴露できたにも関わらず、映画内では、そのことについては全く触れず、映像でも、運転手を意図的に画面から外すような構成を取っています。これは、明らかに、不自然な再現映像(映画)でした。結局この映画は、真相究明には、程遠い結末で終わる映画となってしまいました。

実はこの映画が公開される直前、矢追氏によって、日本のテレビで初めて、ケネディ暗殺に運転手が関わっていたことが暴露されているのです。仮に、矢追氏が暴露しなくとも、映画の影響で、ケネディ暗殺の映像に感心が集まる以上、いずれ運転手が犯人だったことがバレるのも、時間の問題だったのです。

これは、明らかに先手を打った情報操作だと思われます。これは推測ですが、映画【JFK】が元で運転手が犯人だったことがバレる前に、どうせバレるなら、世界中のUFO研究家に運転手が犯人だったことを先にバラしてしまい、そこに宇宙人を絡めることで、情報を撹乱したと思われるのです。

-------------------
ケネディは暗殺される10日前に、驚くべき発言をしています。
それは、ある事を全世界に暴露するというもので、この発言は、アメリカ国家にとって、絶対に許せない内容だったのです。

その暴露する内容が、宇宙人グレイの存在だったということにすれば、まともな人々は相手にもしなくなり、ケネディ暗殺の真相もろとも闇に葬ることが可能だったのです。そして、世界は見事にその通りになってしまったのです…。

↓↓最後に応援のクリックをお願いします↓↓
人気ブログランキングへ

Copyright © All Rights Reserved 2011.04.26公開
スポンサーサイト

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

2011-05-04 : 事件編 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-11-23 01:58 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

ブログランキング

1日1回応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

kabarar

Author:kabarar
東京在住のミステリー研究家。
いろんな分野のミステリー究明に挑戦していきます!

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。